子供のイライラ・うつ・パニック

千葉県で子供のイライラ、うつ等の心の問題を身体から見ていく整体の見る子供のイメージ

  • 病院でうつ病と診断され学校に行けない
  • いつも体調不良を訴えてイライラしている
  • 急に奇声を上げたり泣き始める
  • 人込みや人の多い所にいると不安感で怯える
  • 病院で薬を貰っているが子供に飲ませたくない

子供の『心の問題』とされる多くは自律神経の機能低下から始まる。

子供の『心の問題』は何故起こるか

近年、うつ病、パニック障害などと診断される子供が増えてきました。その他にもイライラ、気力がない、不安感、落ち込む、焦燥感などの『心の問題』で悩んでいる小学生、中学生、高校生は少なく無いようです。

原因は何でしょうか??一般的には人間関係による精神的なストレスが原因と考えらえています。クラスメート、友人、家族、教師などとのトラブルや関係性が主な問題と思われているようです。しかし、事実は異なります。

千葉県で子供のイライラ、うつ等の子供の自律神経を正常にさせる整体院がイメージする自律神経が低下した子供の写真

もちろん、イジメや虐待などの強い精神的ストレスは『心の病気』になります。それは、当然の事です。しかし、多くの場合はいじめや虐待のような強いストレスが加わって『心の問題』が発生するのは稀なパターンと言えます。例えば、イジメが原因となって不登校になるのは1~2%程度とされています。

しかし、多くの保護者、教師、医師までもが精神的ストレスが『心の問題』の全ての問題と思っているようです。だから、カウンセリングや向精神薬などで改善を試みようと的外れな事を行っているので年々、右肩上がりで『心の病気』とされる子供は増え続けているのです。

 

心の問題は自律神経の問題

精神的な疾患や症状の多くは体調不良がまず先に発生しており、精神的なストレスに弱くなっている、受けやすくなっている、溜め込みやすくなっている身体になっている事が原因です。

身体の具合が悪ければ、誰でも物事をネガティブに捉えてしまいます。睡眠の質が悪ければ精神的なストレスは解消されにくくなり、溜め込んでしまいます。誰でも体調が悪い状態ならば気持は沈みがちになり、ちょっとした言葉でも傷つきやすくなったり、イライラしたり落ち込みやすくなってしまいます。

この体調不良の原因となるのは自律神経の機能低下です。自律神経に問題があると聞くと多くの方は精神的ストレスが原因で自律神経機能が低下すると考えます。しかし、実際は自律神経機能が低下した状態だから『精神的なストレスを受けやすくなっている』『ストレスを溜め込みやすくなっている』というのが正解です。

ここで問題なのは自律神経の機能低下によって体調不良が起こっている事に気が付かず、友人関係など学校での精神的ストレスが『心の問題』の全てと捉えれてしまう事で必要な処置を誤ってしまう事だと思います。

自律神経とは何か

千葉県で子供の自律神経の問題によるイライラやうつに対応する整体院が教える自律神経解剖

自律神経とは簡単に言ってしまえば自分で意識してコントロールをする事の出来ない器官を自動的にコントロールしているのが自律神経です。例えば、血管を広げたり、縮めるたり意識しては出来ませんよね?内臓を活発に動かしたり、動きを止めたりも無理ですね?これらの器官を状況に合わせて最適な状態に自動的にコントロールするのが自律神経の働きです。

内臓や血管だけでなく心臓、呼吸器、骨格筋、排泄器、生殖器、免疫系、内分泌系など身体の全てをコントロールしています。ですから、自律神経に何らかの問題が起きると多種多様の症状や病気になります。

ストレスを溜め込みメカニズム

誰でも友人やクラスメートにちょっとした嫌な事を言われる事はあると思います。しかし、自律神経系の働きが正常で健康状態が良ければ『ストレスを溜め込まない』『ストレスを忘れられる』様に身体は出来ています。

逆に自律神経機能が低下していればちょっとした言葉で『ストレスを受けやすい身体』『ストレスを溜め込みやすい状態の身体』になります。

どうゆう事かと言うと、友人らにの嫌な事を言われたとします。これを10のストレスとします。自律神経機能が正常ならば、10のストレスを受けたら日に日に9になり7になり3になりと、徐々にストレスを減らしていきます。逆に自律神経機能が低下した状態での体調不良があれば10のストレスを15のストレスに感じ、そしてストレスを解消しにくい身体になっているので数字が減る速度も遅い状態となります。

要するに『心の問題』は『身体の不調』によって引き起こされるという事です。

千葉県で子供の自律神経の症状を改善させる整体院が教える自律神経へのストレスの受け方のイメージ図

自律神経が低下する原因とメカニズム

うつ病やパニックなどの診断を受けた子供やイライラ、落ち込み、不安感、気力低下などの『心の問題』を抱える子供にはある共通点があります。

それは、姿勢が悪いという事です。頭が肩より前に突き出ている、肩が丸まって猫背になっている、頭が左右のどちらかに傾いている等の共通点があります。

 

自律神経と姿勢の関係

自律神経は脳や背骨から神経線維が出ており、各器官へ分布しております。ですから、姿勢が悪く背骨に歪みがある場合、神経線維の通り道が悪くなって神経が圧迫されたり、引っ張られたりします。

千葉県で子供の精神的な問題の本当の原因を改善させる整体が指摘する健康と自律神経の関係図瞬間的に通り道が悪くなるだけならば何の問題も起こしませんが、それが何年も続きてくると様々な症状を引き起こします。そして、その状態を放置すれば今度は何らかの『病気』になります。

 

『姿勢が悪い=背骨のバランスが悪い=神経の通り道が悪い=神経の働きが低下する』という図式になり神経の働きが悪ければ症状を引き起こし、病気になります。

姿勢を良くして自律神経を正常にするには

自律神経機能が低下した事が原因で『精神的ストレスを受けやすい』『精神的ストレスを溜めやすい』子供の『心の問題』を改善するには姿勢を良くして、自律神経の働きを正常に戻す必要があります。当たり前ですが、薬やカウンセリングで改善する事は有り得ません。

姿勢を正しくして、自律神経の働きを正常にするには体形、体質を変える事と同じになります。ですから、ストレッチやマッサージしたり、矯正ベルト程度では何の効果も出ません。

検査

『検査8割、治療2割』という言葉は医療の世界ではよく使われます。どの様な治療をするかよりも、『どこが悪いのか』を見つける事が大切で、そこに時間、労力の8割を使う、望む結果の8割は検査で決まるという意味です。要するに検査が何よりも大切だという事です。

姿勢が悪い事により、自律神経機能が低下している場合、まずは『どこの骨が姿勢を悪くしている原因なのか?』を検査する事が大切です。多くの場合、問題となっている骨は1,2ヶ所です。その1,2カ所を補正、カバーする為に他の部位も歪んで結果的に全体の姿勢が悪くなります。

ですから、大元の1,2ヶ所の歪みを見つける事が重要です。そこの歪みさえ正常になればその他の歪みは補正、カバーしているだけなので自然と正常の位置に戻ります。そうなれば、自律神経機能も正常となります。

しかし、この1,2カ所の歪みを見つけるのは簡単なことでは有りません触診や視診程度では100%見つける事は出来ない事は医学的な常識です。ですから、下記に歪みを見つけるために必要な検査を記載したいと思います。

YP検査

 

千葉県で子供の精神的な問題を自律神経を正常にさせる事で改善させる整体での検査イメージ

高感度医療器機YPを使用して背骨のゆがみや関節の硬さを調べます。この医療器機の検査結果とレントゲンの状態を参考にして総合的に歪みの問題点を見つけて施術する事が施術の効果、安全面を考慮したうえで最も大切になります。

DTG検査

千葉県の整体でイライラ、うつ等の問題を抱える子供が通院する整体での自律神経検査自律神経は背骨から出ています。脳の自律神経も背骨を通って各器官に分布しているので背骨の神経の働きを測定する事は重要です。背骨に歪みがる場合、左右に温度差が見られます。左右に0.3度以上の差があれば20%、0.9度あれば90%以上の確率で何らかの症状を出すと医学的な統計があります。

モアレ検査

千葉県で子供の心の問題を自律神経から整える整体院が行う検査の写真

昔から学校で側弯症の可能性を見つけるのによく使われている検査法です。体表面上の歪みを全体的に把握する事が出来ますが、局所的な歪みはこれだけでは分かりません。患者さんが歪みを自覚するため、改善の有無を把握する為に補助的に使用します。

*ご希望の患者さんのみで全ての患者さんに行う訳ではありません。また、この検査をしないからと言って施術に影響はありません。

 

問診、視診、触診、動診

 

千葉県で子供のイライラ、うつなどの施術を行う整体での神経学的検査の写真

これらの検査は基本ですが、上記の検査があって初めて生かされる検査になります。問診で歪みを起こしてしまった原因を探り、身体全体を観察、骨や筋肉を状態を触診で把握して、関節の動きや筋力の入り方などを調べます。

レントゲン検査

千葉県で子供のイライラ、うつで不登校になっている子供が通う整体が参考にしているレントゲン写真

レントゲンは施術の際の参考になるばかりか、安全面を考えた上でも病院から借りて持って来て頂く方が殆どです。もし、レントゲンを持ってこれない方は当院の提携病院をご紹介する事も可能です。

*整骨院ではレントゲンの指示、診断を行う事は出来ず、あくまでも施術の参考となります。

*提携病院でのレントゲン検査は当院から指示する事はありません。希望された患者さんには紹介状を書かせて頂いております。

*小学生未満のお子様の場合のレントゲンは要相談となります。

姿勢を整えて自律神経を正常にさせる施術

姿勢、背骨の歪みがによって自律神経機能が低下することで発生する子供のイライラ、うつ、パニックでは背骨を整えて自律神経の働きを正常にさせる施術が必要となります。背骨の歪みを整えると聞くと背骨をボキボキ、バキバキさせる様な危険な施術をイメージされるかもしれませんが、その様な危険で効果も望めない様な施術は一切行いません。

当院では高感度医療器機YPを使用して背骨の歪みを整えます。この医療器機は問題となっている骨の共鳴振動数を割り出し、最低限の弱い振動刺激で背骨を正しい位置に戻します。安全、再現性、効果を考えた上で現代では最も優れた背骨の歪みを解消する施術と言えます。

M式テクニック

M式テクニックは治療院業界では最も技術がある事で有名な宮沢氏が考案、発展させた施術法です。その特徴としてはゆがみを安全に的確に捉えて施術する為に『高感度医療器機YP』を使用して施術を行います。背骨を整えると聞くとバキバキ、ボキボキするイメージがあるかも知れませんがその様な施術は危険で再現性が無い為に当院では一切行いません。

手でボキボキする様な施術の成功率は20%以下で、尚且つレントゲンで見ると歪みが酷くなる、事故になるなどの問題があります。一方、YPを使った施術は事故などは皆無で成功率は80%を超える結果が医学的な統計で証明されております。

ただし、YPを使う術者の力量も施術結果には大きく影響します。大リーグの大谷翔平と同じバットを使ってもホームランを打てないのと同じで、同じ機械を使っても検査の精度、打つ場所、角度、強さなどが違えば結果にも影響します。当院では宮沢氏から直接、指導を受け全国でも3人しかいないM式テクニック公認インストラクターですのでご安心ください。

千葉県で子供のイライラやうつ等の精神的な問題を改善させる整体院での施術法

*電気がビリビリと流れる施術ではありません。弱い振動刺激(共鳴振動)で背骨を整えます。

 

施術例 | 千葉 子どもの不登校・体調不良・起立性調節障害

  • 千葉県 K・Yさん 高校2年生 女性 イライラ・うつ

    高校に入学してから、時々学校を休みがちとなり、家にいても元気がないのが目に見えてわかるようになって、担任の先生に話を聞いても、友人関係で大きなトラブルは無かったようです。それでも心配になり、親御さんがそれとなく「学校で嫌なことあった」と聞いても「別にないよ」との返事だけでした。2学年に上がると、家ではちょっとしたことでもイライラするようになり学校への通学もさらに減ってきてしまい、病院に連れて行ったところ、うつ病と診断されました。

    その後は定期的なカウンセリングと、病院から出された薬を服用したが変わらず、藁にも縋る様な思いで、インターネットで当院を見つけて来院されました。

    詳しく問診で話を聞くと、高校に上がる頃から睡眠障害でも悩んでいて、心の問題よりも姿勢に問題がありました。その結果として自律神経の機能低下を起こし、ストレス耐性が低下していたため、姿勢を低下した神経の働きを戻すための施術を開始。
    二回目の施術で訪れた際に「前回、施術を行った日は久しぶりに朝までぐっすり眠れました」と本人は言い、7回の施術が終わる頃には学校にも通えるようになりました。

    現在は3か月の集中的な施術期間は終了しましたが、将来の健康も考えて前向きに定期的なメンテナンスに通われています。

    ※個人の感想であり、効果には個人差があります。