子供のイライラ・うつ・パニック

千葉県で子供のイライラ、うつ等の心の問題を身体から見ていく整体の見る子供のイメージ

  • 病院でうつ病と診断され学校に行けない
  • いつも体調不良を訴えてイライラしている
  • 急に奇声を上げたり泣き始める
  • 人込みや人の多い所にいると不安感で怯える
  • 病院で薬を貰っているが子供に飲ませたくない

子供の『心の問題』とされる多くは自律神経の機能低下から始まる。

子供の『心の問題』は何故起こるか

近年、うつ病、パニック障害などと診断される子供が増えてきました。その他にもイライラ、気力がない、不安感、落ち込む、焦燥感などの『心の問題』で悩んでいる小学生、中学生、高校生は少なく無いようです。

原因は何でしょうか??一般的には人間関係による精神的なストレスが原因と考えらえています。クラスメート、友人、家族、教師などとのトラブルや関係性が主な問題と思われているようです。しかし、事実は異なります。

千葉県で子供のイライラ、うつ等の子供の自律神経を正常にさせる整体院がイメージする自律神経が低下した子供の写真

もちろん、イジメや虐待などの強い精神的ストレスは『心の病気』になります。それは、当然の事です。しかし、多くの場合はいじめや虐待のような強いストレスが加わって『心の問題』が発生するのは稀なパターンと言えます。例えば、イジメが原因となって不登校になるのは1~2%程度とされています。

しかし、多くの保護者、教師、医師までもが精神的ストレスが『心の問題』の全ての問題と思っているようです。だから、カウンセリングや向精神薬などで改善を試みようと的外れな事を行っているので年々、右肩上がりで『心の病気』とされる子供は増え続けているのです。

 

心の問題は自律神経の問題

精神的な疾患や症状の多くは体調不良がまず先に発生しており、精神的なストレスに弱くなっている、受けやすくなっている、溜め込みやすくなっている身体になっている事が原因です。

身体の具合が悪ければ、誰でも物事をネガティブに捉えてしまいます。睡眠の質が悪ければ精神的なストレスは解消されにくくなり、溜め込んでしまいます。誰でも体調が悪い状態ならば気持は沈みがちになり、ちょっとした言葉でも傷つきやすくなったり、イライラしたり落ち込みやすくなってしまいます。

この体調不良の原因となるのは自律神経の機能低下です。自律神経に問題があると聞くと多くの方は精神的ストレスが原因で自律神経機能が低下すると考えます。しかし、実際は自律神経機能が低下した状態だから『精神的なストレスを受けやすくなっている』『ストレスを溜め込みやすくなっている』というのが正解です。

ここで問題なのは自律神経の機能低下によって体調不良が起こっている事に気が付かず、友人関係など学校での精神的ストレスが『心の問題』の全てと捉えれてしまう事で必要な処置を誤ってしまう事だと思います。

自律神経が低下する原因

こちらの専門ページをご覧ください

 

検査法と施術法

こちらの専門ページをご覧ください。

 

 

施術例 | 千葉 子どもの不登校・体調不良・起立性調節障害

  • 千葉県 K・Yさん 高校2年生 女性 イライラ・うつ

    高校に入学してから、時々学校を休みがちとなり、家にいても元気がないのが目に見えてわかるようになって、担任の先生に話を聞いても、友人関係で大きなトラブルは無かったようです。それでも心配になり、親御さんがそれとなく「学校で嫌なことあった」と聞いても「別にないよ」との返事だけでした。2学年に上がると、家ではちょっとしたことでもイライラするようになり学校への通学もさらに減ってきてしまい、病院に連れて行ったところ、うつ病と診断されました。

    その後は定期的なカウンセリングと、病院から出された薬を服用したが変わらず、藁にも縋る様な思いで、インターネットで当院を見つけて来院されました。

    詳しく問診で話を聞くと、高校に上がる頃から睡眠障害でも悩んでいて、心の問題よりも姿勢に問題がありました。その結果として自律神経の機能低下を起こし、ストレス耐性が低下していたため、姿勢を低下した神経の働きを戻すための施術を開始。
    二回目の施術で訪れた際に「前回、施術を行った日は久しぶりに朝までぐっすり眠れました」と本人は言い、7回の施術が終わる頃には学校にも通えるようになりました。

    現在は3か月の集中的な施術期間は終了しましたが、将来の健康も考えて前向きに定期的なメンテナンスに通われています。

    ※個人の感想であり、効果には個人差があります。