姿勢を改善する事で自律神経の働きは正常に戻ります

何をしても改善しなかった子供が今では毎日、部活の朝練へ!

  • 元気に学校に行けるようになりました!
  • 朝6時にお腹が空いたと言って起きてきてビックリ
  • 朝起こしに行こうと部屋に行ったらもう起きて準備してました
  • 保健室に最近は一度も行ってません
  • 朝、普通に通学できなかった時期を思うと、感謝しかありません
  • 家族に笑顔が戻った
  • 親として涙が出るおもいでした
  • 声をかけなくても自分で起きてくる
  • 今は運動しても痛みが出ず部活の野球に毎日行けるようになりました
  • 美味しく感じなかったお肉が美味しく食べられる様に
  • みるみる目に見えて笑顔が戻っていく
  • お腹が痛いと言ってトイレに引きこもる姿を見なくなりました

※起立性調節障害や頭痛、自律神経症状でお悩みだった皆様のお喜びの声です

起立性調節障害、子供の頭痛や自律神経症状を根本改善させてあげたい保護者の方は是非、お読みください

1、起立性調節障害・子供の頭痛や自律神経失調症でお悩みの保護者の方へ

整骨院業界に入り18年の間、より良い施術法を求め、休日返上で日本全国、海外問わず 勉強会やセミナー等に費やし、ありとあらゆる施術法を勉強してきました。筋肉をもんだり、さすったり、 首や腰を引っぱったり、電気を掛けたり、温めたり、冷やしたり、バキバキ、ボキボキと背骨や骨盤を 鳴らしたり、ストレッチをしてみたり、針、漢方などなど、やった事のない施術法が見当たらない 程でした。

施術写真

もちろん、上記の様な施術でも楽になり、喜んで頂ける方はたくさんいました。 但し、経験を積み、勉強すればするほど分かってきたのは、上記の様な施術は一時的に楽になる方法でしかないという事です。

痛みや体調不良が一時的に楽になるのと根本的に原因が改善するという事は全く異なります。 上記の様な施術では根本原因を改善する事は不可能という事が分かり、途方に暮れていたところに 私自身が首を強く痛めてしまいました。

首の痛みだけでなく、左腕から手まで痛みと痺れで座っていることもできず、まともに寝る事も出来ない 状態が1ヵ月以上続きました。その間に仲間の先生や整骨院業界で有名な先生に施術をお願いして 様々な施術を行いました。薬や注射なども試しましたが、痛みや痺れが軽減することもありません でした。
このまま治らなかったら…と精神的にも参ってしまいました。

そんな状態の時にご縁があり、宮沢資長先生に施術をして頂けることになりました。 今までもたくさんの有名な先生に施術をして貰ったが良くなる事はなかったので、宮沢先生の施術も 変わらないだろうと期待はしていませんでした。

施術を受けたその日。痛み出してから1ヵ月ぶりに熟睡する事が出来たのです。 翌日には、大幅に痛みが軽減していました。なんだこれは!!と驚愕しました。何をしてもダメだったのに 1回の施術で眠れる様になり、痛みが激減したのです。それから週1回のペースで施術をして頂き、 3回で痛みもシビレも完全に消失しました。 私はこの業界に入ってから様々な施術法を勉強しましたが、始めて本物の施術を知りました。

先生との写真

その後、私は宮沢先生に弟子入りをお願いし、最低でも週1回、多い時には週4回は教えを乞う為に 東京まで通い詰めました。それは、現在も続いています。

師匠からは施術の知識、技術だけでなく、施術家としての考え方、在り方、生き方までを学ばせて 頂いています。師匠のご厚意に応えるべく、私なりに最善の努力をしました。その結果、今では3人しか いない師匠が教える施術法のインストラクターとして全国の先生方に教える立場になる事が出来ました。

そして、現在の施術を始めてから病院で起立性調節障害と診断された方や自律神経の乱れによる体調不良でお困りの方から多くご相談される様になりました。今ではどこに行っても改善しない起立性調節障害と診断された方や子供の頭痛、自律神経の乱れによる体調不良でお悩みの方が全国から来られる様になり、改善率や改善スピードも年々上昇し、多くの方から喜んで頂ける施術が出来る様になっております。

集まり写真講演写真

当院は起立性調節障害や子供の頭痛、自律神経問題を抱える方を見させて頂いた人数は病院以外であれば全国でも群を抜いているかと思います。その経験、実績を生かしてここのホームページでは起立性調節障害や子供の頭痛、自律神経失調状態をどの様に改善するのか?薬では何故良くならないのか? 何が原因で、どの原因ならば当院が力になれるのか、改善しなければ何が問題なのかを詳しく述べております。読むだけでも起立性調節障害、子供の頭痛や自律神経の乱れによる体調不良でお悩みの方、その保護者の方の為になります。

集合写真

起立性調節障害や子供の頭痛、自律神経の乱れによる体調不良でお悩みの子供の健康を取り戻し、保護者の不安を解消する事が出来たら施術家としてこの上ない幸せです。

2、起立性調節障害・子供の頭痛・自律神経失調症の概要と原因

起立性調節障害や子供の頭痛、自律神経失調症の概要

起立性調節障害、頭痛、自律神経失調症で発生する症状は軽症例を含めると小~高校生の1割が日常的に感じている症状だという医学的な統計があります。また、不登校の3~4割が起立性調節障害を患っており、学年が高くなるにつれて起立性調節障害の発症率は高く、小学生と高校生を比べると約2.5倍、軽症例を含めれば高校生の15~30%が起立性調節障害の症状を発症しております。これらの症状は大人になっても完治せずに続く場合が多く、早めに根本解決させないと進学、就職だけでなく日常生活にも大きな影響を与えてしまう事になります。

自律神経失調症や頭痛に関しても起立性調節障害とは症状が異なるだけで原因となる自律神経の乱れは同じですので、起立性調節障害の統計と同じことが言えます。

※参考文献:日本小児心身医学会編・小児心身医学会ガイドライン/起立性調節障害の子どもの正しい理解と対応・児童生徒の健康状態サーベイランス報告書/厚生科学研究子ども家庭総合研究/小児科臨床 起立性調節障害の長期予後に関する調査/現代小児科学大系・起立性調節障害/日本小児科学会雑誌・不定主訴と心身症/小児科臨床ピクシス13・起立性調節障害

起立性調節障害・子供の頭痛、自律神経失調症の原因

起立性調節障害、頭痛、自律神経失調症と診断された子供は何が原因なのでしょうか?病院では精神的ストレスが原因だと言われる事が多いようです。それは、本当でしょうか?

精神的ストレスが原因だと考える事でカウンセリングを行った結果、起立性調節障害、頭痛、自律神経失調症が改善したという例はほとんど聞いた事がありません。向精神薬に関しては症状を改善させるどころか益々、深刻な状況にさせてしまう事も珍しくはありません。

イジメや虐待などの強い精神的なストレスが原因で自律神経の働きが悪くなり、起立性調節障害、頭痛、自律神経失調症になる事もありますが、それは少数です。学校に行っていればクラスメート、教師との間に少しくらいはストレスを感じる出来事は誰にでもあり得ます。自律神経は生命の維持に欠かせない最重要な器官です。その程度の原因で自律神経機能が低下するのでは人間は生きていることが出来ません。

ですから、精神的ストレスが原因で起立性調節障害、頭痛、自律神経失調症を起こすよりも圧倒的に多いのは【構造と機能】が崩れたことが原因となります。

【構造】 背骨のバランス、姿勢

【機能】 自律神経機能の低下による各器官の機能低下

『姿勢が悪い=背骨に歪みがある』そうなると背骨から出ている自律神経の通り道が悪くなり、自律神経の働きが弱まります。その結果、内臓、血管、免疫、内分泌、関節、筋肉の機能が低下して様々な症状を引き起こします。 そして働きが悪くなった器官、自律神経によって頭痛だけの子供もいれば起立性調節障害や自律神経失調症の様な多種多様な症状を引き出すかが決まります。

いずれにせよ、偏頭痛も緊張性頭痛も起立性調節障害も自律神経失調症も診断名が異なるだけで根本的な原因は姿勢が悪い事による自律神経の働きが悪くなった事です。

自律神経の図

背骨は自律神経の出入り口。背骨が歪めば自律神経の通り道が悪くなり自律神経の働きが低下する。自律神経は『自分の意志でコントロールできない器官を自動的にコントロール』してくれます。例えば、内臓や心臓、血管、内分泌、免疫などです。

背骨の歪みと施術後の状態01背骨の歪みと施術後の状態02

自律神経の出入り口である背骨の歪みが取り除かれれば自律神経の働きが良くなり元気を取り戻して学校に行けるようになる。

3、起立性調節障害・頭痛・自律神経失調症を根本改善させる必要がある理由

起立性調節障害、頭痛、自律神経失調症などは大人になっても改善されず、むしろ悪化する傾向にあります。改善されないままだと進学、就職に悪影響を及ぼす事になりかねません。また、これらの症状が改善されないままでいるとうつ病を併発したり、ニートや引きこもりに発展する事も珍しくありません。

常にどこかに痛みや体調不良があれば不安感や無気力などの精神的な問題も引き起こし、身体的、精神的にも健康状態を損ないます。健康でなければ人生の楽しみも半減です。

起立性調節障害、頭痛、自律神経失調症を根本改善させるという事は単に症状が無くなると言うだけでなく健康全般に良い影響を与えます。起立性調節障害、頭痛、自律神経失調症の原因となるのは自律神経の働きが悪くなる事です。自律神経の働きが悪いという事は循環器、消化器、呼吸器、筋骨格筋、免疫系、内分泌系、生殖器などの働きも低下します。ですから、自律神経の働きが悪いという事は健康全般に悪影響を及ぼす事になり、病気になりやすい、病気やケガが治りにくい身体となります。

反対に自律神経の働きが良い方は循環器、消化器、呼吸器、筋骨格筋、免疫系、内分泌系、生殖器の働きも良いので病気になりにくく、病気やケガの回復も早い、健康的な身体でいられます。

例えばテレビなどで出てくる元気なお年寄りを見てみて下さい。皆さん、姿勢が良い方ばかりです。80歳になっても海外でゴルフしたりして遊んでいる様な方は皆さん姿勢が良い方です。姿勢が良ければ自律神経の働きも良いので病気になりにくく、健康でいられる寿命が長いのです。

起立性調節障害、頭痛、自律神経失調症を根本的に改善するのと、改善しないのでは、身体的、精神的、社会的に大きな影響を及ぼします。自律神経の働きを正常にさせると言うのは子供の長い人生にとても大切な事になります。

対症療法では無く根本的に改善させるべき理由

症状だけを軽減させる、感じにくくさせるような対症療法などは問題を大きくしてしまいます。対症療法は『臭いものに蓋する』だけであり、臭いの原因は無くなりません。虫歯の痛みを痛み止めで誤魔化して根本的に虫歯を治さなければ虫歯は悪化していき、そのうち痛み止めも効かなくなり、最終的には治す事が出来ずに歯を抜く事になります。対症療法は時として必要になりますが、根本的に改善しないと状況は徐々に悪くなります。

頭痛を頭痛薬で誤魔化すとどうなるでしょうか?頭痛薬を飲むことで頭痛の原因が治る事はありませんから、頭痛の原因は悪化していき、薬も強くなる、量が増える事になり、そのうち薬も効かなくなります。薬漬けとなった身体は副作用で様々な症状を引き起こす事も考えられます。また、虫歯の様に抜いたりなどの解決法は出来ませんので、頭痛と一生、付き合っていく事になります。

4、起立性調節障害・子供の頭痛・自律神経失調症を根本的に改善するには

根本改善させるには自律神経の出入り口である背骨の歪みを改善する事で自律神経の働きが正常になり、結果として起立性調節障害、頭痛、自律神経失調症は改善します。

当然、イジメや虐待などの強いストレスが原因で自律神経の働きが低下している場合はイジメや虐待などの問題を解決しなければ根本改善しません。

ただし、それは少数です。多少、嫌な事が学校であった、嫌な事を言われたくらいでは、よほど繊細な子でなければ自律神経の働きを低下させるまでには至りません。ですから、起立性調節障害、頭痛、自律神経失調症の大多数は姿勢を正しくすることで自律神経の働きが正常に戻り改善します。

根本改善には時間が掛かります

魔法の様に一瞬で治る事はありません。背骨は5年、10年かけて歪みを作り出します。症状は最近出たかもしれないが、背骨の歪みは何年も前から徐々に進行して問題を起こします。ですから、根本改善するには歪みを解消して自律神経の働きを正常に戻す必要がありますが、それは体形、体質を変えるという事なので3~6ヶ月の施術期間が必要になります。筋トレをしてもすぐに筋肉がつかないのと同じで、最低でも3ヶ月の期間は必要になります。1、2回の施術ですぐに歪みが解消し自律神経の働きが正常になる訳では無いので、ある程度の根気は必要です。

しかし、薬などの対症療法で治る事はありませんから、対症療法を何年、何十年も続けていく事を考えれば根本的に改善させる治療は『最短最速』で健康を取り戻す方法となります。

様々な治療、施術法について

【東洋医学】

東洋医学の代表と言えば鍼治療(はりちりょう)や漢方薬です。東洋医学の考え方は《気》の流れを良くする事で体質を改善させ、根本的に治す事を目的にしております。確かに様々な疾患に有効であり、実績を残しておりますが、背骨のバランスが悪く、自律神経の働きが低下した事が原因で発生する起立性調節障害、頭痛、自律神経失調症の根本改善にはなりません。理由としては漢方薬を飲んでも鍼を打っても骨格が変わる事はあり得ないためです。

【カウンセリング】

イジメや虐待などの強い精神的ストレスにより自律神経が乱れて起立性調節障害、頭痛、自律神経失調症になってしまった子供には有効かと思います。しかし、起立性調節障害、頭痛、自律神経失調症の大多数の子供は精神的ストレスから自律神経が乱れるのではなく姿勢、背骨のアンバランスによって自律神経が乱れているので、その様な子供に対してのカウンセリングは気休め、慰め程度にしかなりません。

【サプリメント】

サプリメントは単に栄養を補給するだけなので根本改善とは関係がありません。栄養が足りなくて自律神経が乱れる子供など今の日本にどれだけいるのでしょうか?サプリメントの宣伝ページを見ると医師もお勧めとありますが、医学的な根拠など皆無です。サプリメント業界では医師の推薦文をお金で買う事が常套手段となっています。

【医師の処方薬】

起立性調節障害、頭痛、自律神経失調症を治す薬は1つもありません。専門医だからと言って治す薬を持っているなんて事もありません。医師が処方してくれる薬はあくまでも治す事を目的にしているのではなく、症状を軽減させる事を目的とした対症療法薬です。時には対症療法薬も必要ですが、根本的に改善させる治療も同時に行はない事には問題を大きくするだけになります。

【整体・カイロプラクティック】

背骨、姿勢を改善すると聞くと整体やカイロプラクティックをイメージされるかと思います。

当院も手法は異なりますがカイロプラクティック理論を取り入れて施術をしております。しかし、整体もカイロプラクティックも日本では国家資格がない為に、知識・技術のレベルの差が激しいのが現状です。

カイロプラクティックと言えば背骨をバキバキ、ボキボキする様な施術や特殊なベッドでガッチャン、ガッチャンする施術があるのですが、これをやってしまうと実際には背骨は余計に歪んでしまいます。要するに、悪化します。絶対に行ってはいけない施術だと強く警告をしたいと思います。

また、触診や視診程度で『歪んでいます』などと言う様な整体やカイロプラクティックは全て知識レベルが劣っており、危険です。病院と提携をしてレントゲン等で画像検査を行い、医療器機での自律神経の測定や歪みの検査を行わない整体、カイロプラクティックには近づかない事が賢明です。

当院の施術法

当院では起立性調節障害、子供の頭痛や自律神経失調症の原因となる姿勢(背骨)を改善して自律神経の働きを正常にする施術を行います。もし、姿勢(背骨)の歪みによって自律神経の働きが低下した事が起立性調節障害、頭痛、自律神経失調症の原因でない場合は当院ではお力になれません。

【問診】

起立性調節障害、頭痛、自律神経失調症の原因が本当に背骨の歪みによる自律神経の乱れなのか?違う原因が考えられるのか?背骨が歪んでいることが原因だとしたら何が背骨を歪ませた原因なのかを問診で30~1時間は時間を掛けてじっくりとお伺いします。

【検査】

最も重要なのが検査です。【検査8割・治療2割】この格言の通り、検査に8割の時間と労力を費やす事で臨む結果が変わってきます。どこに問題があるのか?これが分からなければ治療する事は出来ません。虫歯が無い歯を一生懸命、治療しても虫歯が治る事は無いのと同じです。触診や視診も大切ですが、施術者の感覚に頼らない客観的な検査が最も重要になります。

医療機関でのレントゲン等の画像検査・自律神経の働きを測定する医療器機・背骨の歪みや動きを検査する検査機器、それに加えて触診や筋力検査、可動域検査などを行い、総合的に判断をして施術ポイントを決定します。

【施術】

背骨調整の施術イメージ背骨には生きる上で大切な神経が通っています。ですから、安全な施術法が第一です。ボキボキ、バキバキする様な危険な施術は行ないません。強く揉むような施術や長時間の施術も子供には危険です。

当院では高性能医療器機による優しい振動刺激で骨格矯正を行います。この機械を使う事で最も弱い刺激で骨格にアプローチする事が可能になるだけでなく、間違った骨を治療する事がありません。手で行う様な骨格矯正は危険で正確さに欠けるので、安全、的確な施術が求められる骨格矯正では高性能医療器機の使用は欠かす事は出来ません。

 

お喜びの声 | 千葉 子どもの不登校・体調不良・起立性調節障害

  • 朝起きられずに頭痛と腹痛

    中1の終わり頃から、朝起きるとお腹が痛い、頭が痛い、とにかく寝起きが悪く起こしたことを覚えていない日々が続き、夕方から元気という状態でした。

    色々とネットや友達などにこんな症状ということを話、調べた結果もしかしたら、起立性調節障害かもしれないと思い、薬にたよらず、治療をと考え、ネットでこちらの医院を知り伺いました。

    治療方法や体のしくみなど詳しく説明して下さり安心して通院することが出来き、通院回数が増えていくと、表情も明るくなり、体調も良くなり、夜寝れないこともなくなり、こちらで治療して本当に良かったです。ありがとうございました。

    (H・Oさん 14歳 女性 市原市)

    ※個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 朝起きれず、頭痛、腰痛、だるさで学校に行けない

    中1の夏休み明けから朝起きれず、頭痛、腰痛、だるさなどでだんだん学校へ行けなくなり、

    特に腰痛がひどいというので整形外科へ行っても特に異常なしと言われ、

    簡単なストレッチ指導のみの通院で、登校しぶりの改善はなく、

    本人も通院を嫌がり、他の改善策を探していた所、こちらの院を見つけました。

    初回の問診時、色々説明してもらえ、体のチェックを行った時も施術前は上手く使えなかった下半身が、

    施術後の再チェックで施術前より上手く使えるようになった事に本人もビックリして治療をお願いする事にしました。

    腰痛から見学していた部活や体育も今では楽しく行う事ができるようになり、

    中学校生活も少しずつ取りもどす事ができるようになってきました。ありがとうございます。

    (A・Mさん 中学1年生 女性 君津市)

    ※個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 朝起きると頭痛とめまいで学校を休むように

    朝起きるとめまいが起こる、頭痛がひんぱんに起こる、朝起きるのがつらい等の症状が出始めたため、インターネットで調べてこちらの事を知り、通院させて頂くことになりました。

    院長先生の丁寧なカウンセリングや説明、丁寧な応対に安心して通うことができました。

    徐々に症状も落ち着いてきて、前のような状態に戻ることが出来ました。

    一時はこのまま不登校になってしまうのでは・・・と不安で一杯でしたが、こちらに通わせて頂いたおかげで、普通に登校できています。

    ありがとうございました。

    (H・Sさん 中学2年生 女性 市原市)

    ※個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 小学生の頃から続く頭痛が毎日起こるように

    私の子供は、現在中学1年生ですが、小学校低学年の頃から頭痛を起こすようになり、年を追うごとに頭痛の頻度が増して、中学校入学時の頃には、ほぼ毎日頭痛に苦しみ学校生活にも支障が出るようになりました。

    その間、医療機関を何箇所か受診しMRI検査等々の検査を受けましたが、異常は無く原因不明で痛み止めの薬を処方されるだけでした。

    そんな時インターネットで茂原しん整骨院を見つけ、予約を入れ受診すると、問診が非常に丁寧で分かりやすく、納得のいくものでしたのでしたので、もしかしたら、と思い通院することに決めました。

    最初の1カ月くらいはあまり効果はなく、やっぱりだめか、と思いましたが、その後の通院でみるみるうちに効果があらわれ、現在通院3カ月になりますが、症状はほとんど出ることはなく元気よく学校生活を送っています。

    最近の問診で「よかったですね。後は、月に1度のメンテナンスとして通院してください。」と言われたときは、うれしくて涙がでました。

    ほんとうにありがとうございました。

    痛みの悩みのある方は是非。

    (K・Yさん 12歳 男性 中学生 市原市)

    ※個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 頭痛やめまい、肩こりで欠席、遅刻、早退を繰り返すように

    半年程前から激しい頭痛とめまい、肩コリがするようになり、学校の授業にも集中できなくなり、遅刻や早退・欠席が多くなっていました。病院を受診しても異常はなく、原因が分からない体調不良が何日も続きました。

    そんなとき、母に勧められて来たのが茂原しん整骨院でした。
    脳神経外科、整形外科…に通院しても良くならなかったのでここがダメならあきらめて我慢するしかない…。そう思っていました。
    ですが、丁寧な問診と施術のおかげでだんだんと調子が良くなっていくのを感じました。
    今ではあんなにつらかった症状もおさまり、元気に学校に行けるようになりました!
    本当に感謝しています。ありがとうございました。

    私と同じような症状で苦しんでいる方々にここでの治療をおすすめします。

    (S・Yさん 17歳 女性 勝浦市)

    ※個人の感想であり、効果には個人差があります。

施術の流れ|千葉 子供の不登校・体調不良・起立性調節障害

  1. 千葉の不登校と規律性調節障害施術の受付

    受付で問診表にご記入いただきます。症状の他にも気になる点などありましたらご記入ください。

  2. 千葉の不登校と規律性調節障害施術の問診

    問診表をもとに、お悩みの症状など詳しくお話を伺います。

  3. 千葉の不登校と規律性調節障害施術の検査・説明

    骨格の歪みや可動域などをチェックし、施術の方針・原因のご説明をします。

  4. 千葉の不登校と規律性調節障害施術の施術

    お一人お一人の症状に合わせた施術を行います。

  5. 千葉の不登校と規律性調節障害施術の説明

    施術後の注意事項や、日常生活での注意点などをご説明します。

  6. 千葉の不登校と規律性調節障害施術の次回のご予約と会計

    次回ご来院の予定のある方は予約をお取りいただき、お会計を終えて本日の診療は終了です。お大事に!

7、追伸

上で説明した通り、根本的に起立性調節障害や子供の頭痛、自律神経失調症を改善する方法は病院にはありません。多くの場合が【構造と機能】の崩れから発生する症状なので、姿勢を改善し、自律神経を正常に戻す事が根本的に改善させる唯一の方法です。

起立性調節障害や子供の頭痛、自律神経失調症を根本改善させるかどうかで、子供の進学、就職、ひいては人生にとって大きな影響を及ぼします。病院での薬、漢方、サプリ、カウンセリングでお子さんは改善しましたか? 改善していない様ならば別の方法を考えなければなりません。

子供の健康を取り戻し、将来への可能性を広げ、ご両親の不安を解消する為の解決策をこのホームページに記載しております。起立性調節障害や子供の頭痛、自律神経失調症を根本的に改善させてあげたいと考えている保護者の方はじっくり読んでみて下さい。