不登校と姿勢の関係

不登校の小学生、中学生、高校生の4割に共通するのは『姿勢が悪い』という事です。

不登校と姿勢の関係

不登校の小学生、中学生、高校生の4割は起立性調節障害である、という医学的な統計があります。起立性調節障害以外の自律神経機能の低下による体調不良や、起立性調節障害を診断できる病院に受診していない子供も含めれば、不登校の7割が自律神経の問題があるとされています。

では、その子供達の共通点は何でしょうか?いじめでしょうか?家庭内の問題があるのでしょうか?友人トラブルでしょうか?その様な問題を抱えている子もいるとは思いますが、全ての子供に当てはまるとは思えません。

不登校の子供に共通するのは『姿勢が悪い』

千葉県で姿勢の悪さと不登校の関係の関係を改善する整体のイメージ写真不登校の子供の9割以上は姿勢が悪い状態です。遊びや非行、家庭の問題など抜かして、身体的、精神的な問題とされている不登校の子供で姿勢が良い不登校の子供を見たことがありません。代表的な例とすれば顔が肩よりも前に出ている、頭が左右のどちらかに傾いている、背中が丸い、巻き肩になっている等です。

統計の採り方によって異なりますが、不登校の4~7割は不安感、無気力、体調が悪いなどの自律神経の働きに問題を抱えた子供です。背スジがピンッと伸びて、胸が張れている姿勢で不安感、無気力、体調が悪いなどを常に訴えるような子供を想像できるでしょうか?

 

逆に背中が丸く、肩も前に丸まって、頭部が前に出て、下向いている、左右に傾いている様な姿勢の子供はどうでしょうか?元気そうには見えませんよね?

姿勢が良い子供で不登校になる子供は少ないという事が何となく想像できたかと思います。不登校のお子さんをお持ちの保護者の方は是非、お子さんの姿勢を見てみて下さい。

姿勢が悪いと何が身体に起こるのか?

姿勢が悪いという事は背骨のバランス、頭部の位置が悪いとお考えください。背骨や頭部には大切な役割があります。それは、神経系の入れ物になっているという事です。しかも、それは中枢神経なので身体の全神経の司令塔です。

脳や背骨の中にある神経は身体を構成する様々な器官を動かしたり、正常な状態を保つための最も大切な器官と言っても過言ではありません。

背骨のバランスが悪いと神経は上手く動かない

千葉県で子供の自律神経の働きの問題に詳しい整体背骨のバランスが悪いと神経の通り道が悪くなります。または、神経が引っ張られたりする様な状態になります。当然、少しくらいの期間、神経の通り道が悪くなったり、引っ張られたりしても身体に問題は起きません。

しかし、その状態が数年~数十年続けば神経の働きは低下します。そして、その神経に支配されている器官も機能の低下を起こします。例えば血管を支配している神経ならば血管の正常な働きが徐々に低下するという事です。

そうなると結果として、その器官が働かない事により様々な症状を発生させ、最終的には『病気』になってしまいます。不登校の子供に当てはめれば、起立姿勢調節障害や自律神経失調症などの疾患になったり、無気力、不安感など『病気の前段階』の症状を発生させる事になります。

姿勢の悪さを改善するには

姿勢が悪いという事は背骨に歪みがあるという事です。しかし、背骨の歪みを自力で改善する事は困難です。何故ならば、背骨のどこが歪んでいるのか?どの様な歪みがあるのかを検査しなくてはなりません。

YP検査

 

千葉県で子供の精神的な問題を自律神経を正常にさせる事で改善させる整体での検査イメージ

高感度医療器機YPを使用して背骨のゆがみや関節の硬さを調べます。この医療器機の検査結果とレントゲンの状態を参考にして総合的に歪みの問題点を見つけて施術する事が施術の効果、安全面を考慮したうえで最も大切になります。

DTG検査

千葉県の整体でイライラ、うつ等の問題を抱える子供が通院する整体での自律神経検査自律神経は背骨から出ています。脳の自律神経も背骨を通って各器官に分布しているので背骨の神経の働きを測定する事は重要です。背骨に歪みがる場合、左右に温度差が見られます。左右に0.3度以上の差があれば20%、0.9度あれば90%以上の確率で何らかの症状を出すと医学的な統計があります。

モアレ検査

千葉県で子供の心の問題を自律神経から整える整体院が行う検査の写真

昔から学校で側弯症の可能性を見つけるのによく使われている検査法です。体表面上の歪みを全体的に把握する事が出来ますが、局所的な歪みはこれだけでは分かりません。患者さん自身が歪みを自覚するため、状態の有無を把握する為に補助的に使用します。

*ご希望の患者さんのみで全ての患者さんに行う訳ではありません。また、この検査をしないからと言って施術に影響はありません。

 

問診、視診、触診、動診

 

千葉県 不登校と起立性調節障害の施術イメージ10

これらの検査は基本ですが、上記の検査があって初めて生かされる検査になります。問診で歪みを起こしてしまった原因を探り、身体全体を観察、骨や筋肉を状態を触診で把握して、関節の動きや筋力の入り方などを調べます。

レントゲン検査

千葉県で子供のイライラ、うつで不登校になっている子供が通う整体が参考にしているレントゲン写真

レントゲンは施術の際の参考になるばかりか、安全面を考えた上でも病院から借りて持って来て頂く方が殆どです。もし、レントゲンを持ってこれない方は当院の提携病院をご紹介する事も可能です。

*整骨院ではレントゲンの指示、診断を行う事は出来ず、あくまでも施術の参考となります。

*提携病院でのレントゲン検査は当院から指示する事はありません。希望された患者さんには紹介状を書かせて頂いております。

*小学生未満のお子様の場合のレントゲンは要相談となります。

 

姿勢を改善する施術

姿勢を改善するには必ず上記の様な検査を徹底的に行った後、問題となる歪みを改善する施術を行います。背骨の歪みを整ると聞くと、ボキボキ、バキバキする様な危険な治療を思い浮かべるかもしれませんが、当院ではその様な危険なだけで、逆効果になり得るような施術は一切行いません。

M式テクニック

M式テクニックは業界で最も技術がある事で有名な宮沢氏が考案、発展させた施術法です。その特徴としてはゆがみを安全に的確に捉えて施術する為に『高感度医療器機YP』を使用して施術を行います。背骨を整えると聞くとバキバキ、ボキボキするイメージがあるかと思いますが、手でボキボキする様な施術の成功率は20%以下で、尚且つレントゲンで見ると歪みが酷くなる、事故になるなどの問題があります。一方、YPを使った施術は事故などは皆無で成功率は80%を超える結果が医学的な統計で証明されております。

ただし、YPを使う術者の力量も施術結果には大きく影響します。大リーグの大谷翔平と同じバットを使ってもホームランを打てないのと同じで、同じ機械を使っても検査の精度、打つ場所、角度、強さなどが違えば結果にも影響します。当院では宮沢氏から直接、指導を受け全国でも3人しかいないM式テクニック公認インストラクターですのでご安心ください。

千葉県で起立性調節障害の中学生が通院する整体院での施術風景

*電気がビリビリと流れる施術ではありません。弱い振動刺激(共鳴振動)で背骨を整えます。