起立性調節障害

千葉県で起立性調節障害の根本治療を行う整体のイメージイラスト

  • 朝起きられずに学校に間に合わない
  • 朝起きて支度していると具合が悪くなる
  • 夕方は元気なのに朝になると体調が悪くなる
  • 午前中は頭痛やめまい、吐き気を訴える
  • イライラやうつ病の様な情緒不安定な状態

小学生、中学生、高校生の長期欠席や不登校の原因の4割が起立性調節障害の症状が切っ掛けと言われています。学年が上がるごとに症状は悪化傾向にあり、原因を改善しないと引きこもり、ニート、うつ病などの引き金となる可能性が高い疾患で深刻な社会問題となっている。

起立性調節障害とは何か

起立性調節調節障害とは自律神経の働きが悪くなったことで血流が悪くなり、脳が血流不足を起こしたことによって様々な症状を引き起こされる疾患です。小学生、中学生、高校生の不登校の切っ掛けの4割は起立性調節障害という医学的統計があります。

千葉県で起立性調節障害で不登校になってしまった中学生が通う整体院が見る起立性調節障害のイメージ写真

また、問題なのは起立性調節障害は朝起きられないけど夜は元気になってテレビやゲームに夢中になっているなどの症状もある事から、『仮病』『怠け病』『無気力』などと思われてしまい、保護者は『身体の問題』では無く『気持ちの問題』と捉えてしまう事から適切な病院で検査することが少ないために、起立性調節障害であっても起立性調節障害の診断を受けていない子供も少なくありません。

その様な子供を含めれば、不登校の切っ掛けの7割は起立性調節障害なのではないかといった文献もあるくらいです。不登校の6割以上を占める『無気力』『不安感』などは起立性調節障害の典型的な症状の一つと言えます。

 

起立性調節障害の主な症状

(身体的症状)

朝起きられないが午後になると元気になる 立ち上るとめまいや頭痛 午前中は体調が優れない 長時間立っているとめまいや失神 睡眠障害 乗り物酔い 肩こり 頭痛 腰痛 関節の痛み 耳鳴り 吐き気 動悸 疲れやすい 腹痛 倦怠感 

(精神的症状)

無気力 不安感 イライラ うつ症状 パニック 落ち着きがない 集中力低下 癇癪 

自律神経の機能低下は何故起こるか

自律神経の働きが悪くなる原因は、精神的なストレスであるとの認識が一般的かと思います。当然、イジメや虐待などの強い精神的ストレスは自律神経の働きを低下させる原因になります。しかし、現代西洋医学では自律神経機能が低下するなどの明確なメカニズムが判明していない疾患や症状は全て精神的なストレスを原因にする事が問題にもなっています。

精神的なストレスと聞くと下記にあげた項目を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

イジメ・虐待

イジメや虐待などは上記に記載した通り、自律神経機能が低下する原因となります。そして、自律神経機能が低下した結果、起立性調節障害だだけでなく、様々な症状、病気となる可能性があります。

友人関係・教師との関係

友人や教師に学校で嫌な事を言われる事は誰にでもある事です。しかし、その程度の精神的なストレスで本当に自律神経機能が低下するのでしょうか?もちろん、極端に繊細な子であれば同じ言葉を言われてとしても受ける精神的なストレスは大きく、自律神経機能を低下させる切っ掛けになるかもしれません。

しかし、多くは自律神経機能が低下している状態だから精神的なストレスを受けやすくなっている、精神的なストレスを解消しにくくなっているのです。要は自律神経機能が低下していれば10のストレスを15に感じてしまうという事です。

そして、自律神経が正常ならば10のストレスは1週間後には解消されるのが、自律神経が低下している状態だと1週間経過いても13のストレスが残ってしまいます。それが日々積み重なる事で元々、低下していた自律神経がますます低下していくことになります。

千葉県で起立性調節障害の小学生が通う整体院が教える自律神経機能の低下の本当の原因

 

子供も大人も体調が優れなければ気弱になったり、情緒不安定になったりと精神的に弱くなる事は明白です。ですから、友人関係、教師との関係でもまず先に自律神経が低下した状態だから精神的なストレスを受けやすくなっている子供もいるという事です。

自律神経が低下する原因は身体的な問題

精神的なストレスが原因で自律神経に問題が出る事はありますが、上記に記載した通り、多くの場合は先に自律神経の機能低下が起こり、その結果として精神的ストレスを受けやすい、抜けにくい状態になってしまっているのです。その様な状態の場合は精神的ストレスが何だったかを探るよりも先に自律神経機能が低下した原因を探り、改善させる事が最優先となります。千葉県で起立性調節障害を姿勢から見る整体院が教える本当の原因のイメージ図

自律神経機能が低下する原因は背骨のバランスが悪くなっている事で、自律神経の通り道が悪くなったり、神経圧迫や神経に牽引ストレスが加わる事で徐々に神経の働きが悪くなるというパターンが多くみられます。

<背骨のバランスが悪い=背骨の歪み=姿勢が悪い>

起立性調節障害を始めとする自律神経機能が低下している子供達の共通点は姿勢が悪いという事です。例外はありませんし、少なくとも姿勢が良くて自律神経機能が低下している子供を私は見た事がありません。

この様に自律神経機能が低下していれば体調は優れず、精神的なストレスを受けやすく、尚且つ解消しづらい状態となり、ますます自律神経機能は低下していくことになります。まさに悪循環と言える状態に陥ります。

要するに、自律神経機能の低下は精神的な問題よりも身体的な問題が先にあり、最優先で改善させなければならないのは姿勢であり、背骨の歪みになります。よって、起立性調節障害を根本的に改善するには姿勢を改善させるという事になります。

自律神経とは何か?

自律神経とは簡単に言えば意識してコントロール出来ない器官を外部環境、内部環境に合わせて、身体が最適な状態を保てるように自動的にコントロールしてくれる神経の事です。

例えば、胃液の量を意識してコントロール出来ますか?心臓を止めたり早く動かしたり出来ませんよね?これらの働きを身体の状況に合わせて適切にコントロールしてくれるのが自律神経です。寒い時に鳥肌が立って毛穴を縮めて熱を逃がさないようにする、暑い時に汗を出すのも自律神経があるからこそです。千葉県で起立性調節障害を改善させる整体院が問題とする自律神経のメカニズムの解剖図

自律神経は循環器、呼吸器、排泄器、内分泌系、免疫系、骨格筋系、生殖器、消化器など全ての身体に分布しており、外部状況、内部環境に合わせて自動的にコントロールしてくれているので生きていく上で欠かせない神経なのです。

自律神経は脳と背骨、仙骨から出ています。脳の神経も背骨を通って各器官に分布しています。特に自律神経ともいえる脳幹は頚椎の上に乗っかっているので、頚椎のバランスと脳幹の環境は密接に関係しております。よって、背骨のバランス、特に頚椎のバランスは自律神経に大きな影響を与えています。

病院は西洋医学

病院の殆どは西洋医学的な診かたで患者さん、病気を見ます。もちろん、それが一番重要なのは言うまでもないかと思います。しかし、西洋医学は万能ではありません。西洋医学が得意とする分野は感染症や急性的な病気、怪我から命を救う、症状を抑える対症療法などが挙げられます。

千葉県で起立性調節障害の中学生が多く通院する整体院が考える治療の問題点をイメージした写真

逆に慢性的な疾患は苦手としている事が少なくありません。特に自律神経が起因する様な病気や症状はその代表とも言えます。自律神経機能が低下しても西洋医学的な検査では異常は無いとされます。血液検査や画像検査で自律神経は検査できないのです。

 

 

そうなると、異常なしの診断、精神的な問題、心の病気などにされ、決して治る事のない対症療法的な薬を処方されるだけになります。そして、症状が軽減しなければ薬の量や種類を増やされるだけの処置になります。

統合医療的な見方が必要

西洋医学が苦手とする分野は統合医療的な見方が大切になります。統合医療とは西洋医学を基礎に東洋医学、カイロ、オステオパシーなどの代替医療と言われる医療の優れた考え方、見方、検査法、施術法を取り入れています。

千葉県で起立性調節障害で不登校なった高校生を施術する整体院の施術方針のイラスト

日本は医師会、保険制度など複雑な問題があり、統合医療に関しては後進国となってしまっているので馴染みが無いかもしれませんが、先進国を見てみると統合医療は常識となっています。世界保健機構も統合医療を推進しています。

日本は健康予防、健康増進意識が低く寿命は長いが健康寿命は短い、自殺者が多い(自殺者3万人の半分は健康問題)などの問題はここにあるのかもしれません。

話が少しそれましたが、起立性調節障害や自律神経等の症状、疾患は統合医療的に見る必要があるという事です。病院の先生に『姿勢が悪いから自律神経機能が低下しますか??』と聞いても関係ないと言われるだけですが、それは西洋医学的には関係ないだけで、統合医療的に見れば大いに関係があります。と言うより、原因そのものの場合が少なくありません。

起立性調節障害の分類

起立性調節障害は西洋医学的に下記の分類に分かれます。

起立直後性低血圧

起立性調節障害の中で最も多いタイプで、立ち上った直後に脳への血流が悪くなり強いめまいを起こします。頻脈を伴う事もあります。

体位性頻脈症候群

立ち上った時など身体の体位を変えた時に低血圧、めまい等は起こさないが頻脈となり症状を引き起こします。

神経調節性失神

立っている時に低血圧となり、冷や汗や顔色が悪くなり最終的には失神してしまいます。

遅延性起立性低血圧

起立後から徐々に血圧が下がり始めてめまいなどの症状を引き起こします。

 

上記の分類は病態や症状の出方、症状が引き起こす時間などが異なっていますが、大元の原因は、自律神経の機能が低下した事によって引き起こされます。

 

起立性調節障害の一般的な治療

起立性調節障害と診断された場合、まず最初に昇圧剤が処方されます。要するに、血圧を上げる薬です。本来であれば、自律神経の働きで血圧はコントロールされますが起立性調節障害ではそのコントロールが効かなくなっている状態なので薬でコントロールしようとします。

次に向精神薬です。自律神経機能の働きが低下した原因は精神的なストレスと判断して向精神薬で心をコントロールする事で自律神経の働きを正常に戻そうといった考えです。

カウンセリング

自律神経機能の低下した原因は精神的なストレスであると判断された場合にカウンセリングで心の安定させようとします。本当に精神的ストレスが原因ならば有効です。

日常生活指導

『規則正しい生活』『運動してください』『精神的ストレスを掛けない生活』『水をたくさん飲んでください』などの日常生活のアドバイスをされます。もちろん大切な事ですがそもそも、起立性調節障害は規則正しい生活が出来ない、運動が出来ない、ストレスを受けやすい事が問題なので指導されても症状が軽減してこなければ現実には難しいと思います。

その他代替医療やサプリメント

病院での治療では効果がないために、漢方薬、針、お灸などの東洋医学で体質改善を試みて根本改善させようとする人は少なくありません。しかし、起立性調節障害の多くは背骨のバランスが悪いために神経の働きが悪くなっている事が多いので期待する効果は得られないのが現実です。サプリメントに関しては全く意味ありません。サプリメントは栄養補給です。起立性調節障害は栄養不足によって引き起こされるのではありません。起立性調節障害に効く特定の栄養素など有りません。

 

上記の様な治療法が一般的に良く行われている治療ですが、これらは全て対症療法になります。根本的に治すのではなく症状を軽減させる、感じにくくさせる為の治療になります。また上記の中には軽減させる事もない治療や悪化させる治療もありますので注意が必要です。

ただし、イジメや虐待などの強いストレスによって自律神経機能が低下した結果の起立性調節障害の治療としてのカウンセリングは対症療法とは言えません。

起立性調節障害の根本改善

起立性調節障害を改善するには何が原因なのかを突き止める事が重要です。ここでは姿勢の悪さ、背骨のアンバランスさによる自律神経機能が低下した場合の起立性調節障害に限った説明をしたいと思います。

検査

検査8割・治療2割といった言葉があります。適切な検査が治療結果の8割を決めるという意味と、時間の8割を検査に費やす事が大切だという意味があります。要するに、根本的に起立性調節障害を改善するには何よりも検査が重要だという事です。

多くの整骨院、整体院、カイロプラクティック院では触診や視診で背骨の歪み、姿勢を判断するようですが、それらの検査だけでは背骨の歪みが分かる事も、自律神経の働きの問題も判断する事は不可能です。触診や視診などの主観的検査は重要ですが、客観的な検査があって始めて主観的検査が意味を持ちます。

 

YP検査

千葉県の整体で行う起立性調節障害の歪み検査高感度医療器機YPを使用した検査です。背骨を一つ一つ調べて歪みや関節の動きを調べていきます。このYP検査とレントゲンの状態を見比べて総合的に判断して問題点を絞り込む必要があるので起立性調節障害では必須の検査となります。

DTG検査

千葉県で起立性調節障害を施術する整体の自律神経機能の検査自律神経の働きを測定する検査です。自律神経は背骨から出ており、背骨近辺の皮膚温度に影響があります。その皮膚温度を測定する事で左右の自律神経の働きのパターンを見つけ出します。左右の皮膚温が0.3度以上で約20%、0.9度以上で95%以上の確率で何らかの症状や病気を発生させる事は様々な医学的文献で明確になっております。

モアレ検査

千葉県で起立性調節障害で悩んでいる高校生の歪み検査の写真モアレ検査は姿勢の歪みの全体像を把握します。昔から学校などで背骨が歪む側弯症を見つける検査として使用されているので馴染みがあるかも知れません。この検査では歪みを特定する事は出来ませんが、患者さん自身が歪みを自覚して施術に対して前向きな気持ちになるので、ご希望の患者さんには撮影を行います。

*ご希望の患者さんのみで全ての患者さんに行う訳ではありません。また、この検査をしないからと言って施術に影響はありません。

視診 触診 動診

千葉県の整体で起立性調節障害で不登校になった小学生の触診写真視診、触診、動診は検査の基本であり、とても重要です。しかし、上記に記載したような客観的な検査結果と照らし合わせながら行う事が重要で、それが無いようならば意味を持ちません。触診、視診、動診は客観的な検査が有って初めて生かされます。関節の動きや筋力の入り方などを調べます。

レントゲン検査

千葉県の整体院で起立性調節障害の施術の際に参考にしている検査写真

レントゲンは施術の際の参考になるばかりか、安全面を考えた上でも病院から借りて持って来て頂く方が殆どです。もし、レントゲンを持ってこれない方は当院の提携病院をご紹介する事も可能です。

*整骨院ではレントゲンの指示、診断を行う事は出来ず、あくまでも施術の参考となります。

*提携病院でのレントゲン検査は当院から指示する事はありません。希望された患者さんには紹介状を書かせて頂いております。

*小学生未満のお子様の場合のレントゲンは要相談となります。

起立性調節障害の施術法

起立性調節障害で背骨に歪みがあり、自律神経機能が低下している場合は背骨を整える、姿勢を良くする事が最優先事項になります。背骨を整えると聞くとバキバキ、ボキボキする様な施術をイメージされるかもしれませんが、その様な効果が薄く、危険が高い施術は当院では一切行いません。

当院では高感度医療器機YPを使用して背骨の歪みを整えます。この医療器機は問題となっている骨の共鳴振動数を割り出し、最低限の弱い振動刺激で背骨を正しい位置に戻します。安全、再現性、効果を考えた上で現代では最も優れた背骨の歪みを解消する施術と言えます。

M式テクニック

M式テクニックは業界で治療技術が高い事で有名な宮沢氏が考案した施術法で上記に記載した高感度医療器機YPを使用して施術を行います。同じ医療器機を使用して施術を行っても、打つ場所、角度、深さ、スピード、強さによって施術効果は大きく異なります。要するに、施術者の技術で施術結果は変わってきます。私はM式テクニック創始者から直接指導してもらっており、全国でも3人しかいないM式テクニックインストラクターでもあるのでご安心ください。千葉県で起立性調節障害によって不登校になってしまった子供の整体施術

*電気がビリビリと流れる施術ではありません。弱い振動刺激(共鳴振動)で背骨を整えます。

 

お喜びの声 | 千葉 子どもの不登校・体調不良・起立性調節障害

  • 千葉県 市原市 10代 女性 起立性調節障害 頭痛 腹痛 H・O様

    中1の終わり頃から、朝起きるとお腹が痛い、頭が痛い、とにかく寝起きが悪く起こしたことを覚えていない日々が続き、夕方から元気という状態でした。色々とネットや友達などにこんな症状ということを話、調べた結果もしかしたら、起立性調節障害かもしれないと思い、薬にたよらず、治療をと考え、ネットでこちらの医院を知り伺いました。治療方法や体のしくみなど詳しく説明して下さり安心して通院することが出来き、通院回数が増えていくと、表情も明るくなり、体調も良くなり、夜寝れないこともなくなり、こちらで治療して本当に良かったです。ありがとうございました。

    ※個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 千葉県 君津市 10代 頭痛 起立性調節障害 A・M様

    中1の夏休み明けから朝起きれず、頭痛、腰痛、だるさなどでだんだん学校へ行けなくなり、

    特に腰痛がひどいというので整形外科へ行っても特に異常なしと言われ、

    簡単なストレッチ指導のみの通院で、登校しぶりの改善はなく、

    本人も通院を嫌がり、他の改善策を探していた所、こちらの院を見つけました。

    初回の問診時、色々説明してもらえ、体のチェックを行った時も施術前は上手く使えなかった下半身が、

    施術後の再チェックで施術前より上手く使えるようになった事に本人もビックリして治療をお願いする事にしました。

    腰痛から見学していた部活や体育も今では楽しく行う事ができるようになり、

    中学校生活も少しずつ取りもどす事ができるようになってきました。ありがとうございます。

    ※個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 千葉 市原市 10代 女性 めまい 頭痛 起立性調節障害 H・S様

    朝起きるとめまいが起こる、頭痛がひんぱんに起こる、朝起きるのがつらい等の症状が出始めたため、インターネットで調べてこちらの事を知り、通院させて頂くことになりました。

    院長先生の丁寧なカウンセリングや説明、丁寧な応対に安心して通うことができました。

    徐々に症状も落ち着いてきて、前のような状態に戻ることが出来ました。

    一時はこのまま不登校になってしまうのでは・・・と不安で一杯でしたが、こちらに通わせて頂いたおかげで、普通に登校できています。

    ありがとうございました。

    ※個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 千葉 山武郡 10代 女性 めまい 起立性調節障害 M・K様

    私はめまいなどがひどく、病院に行っても薬を処方してもらうだけで回復しませんでした。

    この状態が何年も続いていたのですが、ひどくなる一方だったので、
    インターネットで調べていたところ「大網白里整骨院」にたどり着きました。

    最初からていねいに症状を聞いていただき、その後から様子を見ながら施術を受けると、
    前までのめまいがひどくなくなり、回数も少なくなりました。

    こちらで治療を始めて本当に良かったと思っています。

    ※個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 千葉 勝浦市 10代 女性 頭痛 起立性調節障害 S・Y様

    半年程前から激しい頭痛とめまい、肩コリがするようになり、学校の授業にも集中できなくなり、遅刻や早退・欠席が多くなっていました。病院を受診しても異常はなく、原因が分からない体調不良が何日も続きました。

    そんなとき、母に勧められて来たのが茂原しん整骨院でした。
    脳神経外科、整形外科…に通院しても良くならなかったのでここがダメならあきらめて我慢するしかない…。そう思っていました。
    ですが、丁寧な問診と施術のおかげでだんだんと調子が良くなっていくのを感じました。
    今ではあんなにつらかった症状もおさまり、元気に学校に行けるようになりました!
    本当に感謝しています。ありがとうございました。

    私と同じような症状で苦しんでいる方々にここでの治療をおすすめします。

    ※個人の感想であり、効果には個人差があります。