原因不明の子供の腹痛

  • 子供が腹痛を訴えるが病院に行っても異常なし
  • 毎日のように腹痛を訴える
  • 食べると腹痛を起こして嘔吐や下痢を繰り返す
  • 便秘がちで便が出ても少量
  • トイレに1時間近く籠っている事が多い

慢性的に腹痛を訴えるが病院に行っても異常が診られない場合、自律神経の機能が低下した事で内臓の働きが悪くなり腹痛を起こしやすくなる事があります。

子供が繰り返し腹痛を訴えったら

まずは、内科や小児科などの病院に行き、出来る範囲の検査をしましょう!!

これが、何よりも大切な事です。腹痛には様々な原因があり、その原因を調べるには病院で検査する以外に方法はありません。子供が腹痛を訴えるからと言って、病院で検査もせずに当院に来られても当院では適切な検査、治療は行なえません。

病院で検査を行っても原因が分からない、異常が無い場合は自律神経の機能が低下した事が原因である場合があるので、そこからは当院で姿勢の検査、自律神経の検査を行います。

まずは、病院!!病院の検査で原因不明、異常が無ければ当院で姿勢や自律神経の検査、姿勢を整えて自律神経の働きを正常にする施術を行う。この順番が重要です。

原因不明の腹痛は『心の問題?』

病院で腹痛の原因が明確でない場合、決まったように『ストレス』『心の問題』などと言われる様です。もちろん、その様な精神的ストレスが原因で腹痛を起こす事もあります。

しかし、イジメや虐待などの強いストレスがない場合は自律神経機能が正常に働かない為に、治象の働きなどが低下して腹痛に繋がる場合が少なくありません。

精神的なストレスが原因だと言われ子供に向精神薬などの服用を勧める病院もあるようですが、向精神薬の様な依存性がある怖い薬を子供に飲ませる前にまずは、姿勢をチェックしてみて下さい。

『背中が丸まっている』『頭が肩よりも前に出ている』

『首が左右のどちらかにいつも傾いている』『ウエストのクビレの高さが違う』

この様な姿勢の場合、精神的なストレスではなく、自律神経機能が低下している事が原因となっている事が少なくありません。

自律神経機能が原因で起こる腹痛によくみられる症状

1、朝などに腹痛を訴える事が多い

2、腹痛だけでなく、朝起きられない、頭痛がある、めまい等の症状もある

3、便秘や下痢が続く

4、トイレに籠り学校に遅刻する。

5、不安感、無気力、集中力低下、イライラなどの精神的な症状も伴う

6、食欲なく、倦怠感を伴う

7、顔面蒼白、嘔吐なども伴う

これらの症状は別の疾患でも起こり得る症状ですので、まずは病院の検査を優先しましょう!

腹痛と姿勢・自律神経

自律神経とは何か?

自律神経とは自分の意識でコントロールできない器官をコントロールする神経です。内臓や心臓、血管、免疫系、内分泌系等々、自分の意識で動かしたり動きを止めたりする事が出来ない器官をコントロールしています。

例えば、意識して血管を広げたり、収縮させたり出来ないですよね?心臓を意識して止めることは出来ません。腸の働きを早くしたり、腸液の量をコントロールする事は自分の意志では出来ません。

しかし、実際には心臓は早くなったり、遅くなったり、血管も広がったり、収縮したりしています。内臓も同じで、その状況に合わせて動きが変わります。

 

これらの器官を自動的にコントロールしてくれるのが自律神経です。

自律神経は背骨から出ている

自律神経は脳と背骨から出ています。脳から出ている自律神経も多くは背骨を通って各器官に分布しています。

 

 

 

背骨と自律神経と腹痛

自律神経は内臓の働きをコントロールしています。自律神経は背骨から出ています。では、その背骨のバランスが悪く、自律神経の通り道が悪くなっていたらどうなるでしょうか??一時的には何の問題も起こしません。

しかし、その状態が数年間続けば、自律神経の働きが弱まります。という事は内臓や血管など様々な器官の働きも低下して何らかの症状を引き起こします。

その症状の1つが腹痛です!

しかし、自律神経の働きを正確に測定する事は現代医学でも不可能なので、病院では異常が無いとされて対症療法的に整腸剤を飲んだり、精神的ストレスが原因と言われてしまいます。

背骨の歪みは姿勢を悪くします。ですから、姿勢が悪いという事は背骨に歪みがあるという事です。ぜひ、子供の姿勢を見てみて下さい。

一般的な治療

整腸剤や下剤、痛み止めなどが最初に行われる治療です。病院の先生によっては精神的なストレスだからと言って向精神薬系の薬を処方する場合があります。しかし、背骨のアンバランスによって自律神経が低下した事で起こる腹痛が治る事はありません。

漢方薬

漢方薬も薬ではありますが、東洋医学である漢方薬は別に考えます。漢方薬はその人の気の流れ、経絡などを診て漢方薬で体質を改善させます。腹痛を治すというよりも体質を変える事で腹痛を起こさない身体にする事を目的とします。ただし、背骨が歪んでいて、自律神経の働きが低下している事が原因である腹痛が治る事はありません。

カウンセリング

精神的なストレスが原因とされる場合はカウンセリングを行います。イジメや虐待などの強い精神的ストレスがある場合は腹痛の原因となるのでカウンセリングは有効です。また、腹痛が続いて、学校に遅刻、欠席が多くなり、腹痛は治ったが学校に行きにくくなった場合なども有効かと思われます。しかし、背骨の歪みからくる自律神経の働きが低下し起こっている腹痛には腹痛を治す効果はありません。

原因不明の腹痛の根本改善

まずは、何よりも検査が大切です。病院で検査して異常が無ければ、当院で姿勢や自律神経の検査を行います。

YP検査

高感度医療器機YPで背骨の歪みや動きを検査します。背骨1つ1つを細かく検査して問題となる背骨を特定します。背骨は人により形が違うので触診だけでは問題を見つける事が出来ないのでこのYP検査は重要になります。

 

 

 

DTG検査

自律神経は体温調節をしています。自律神経が出ている背骨の周りの体温を測定する事で自律神経の働きのアンバランスが分かります。背骨周りの体温に左右差があると何らかの症状や病気がある事は医学的に証明されています。

 

モアレ検査

学校で側弯症の有無を判断する時に昔からよく使われている検査器です。左右の模様が異なれば、背骨が歪んでいるとされています。この検査だけでは背骨の歪みの特定はできませんが、全体的な歪みの参考にはなります。

 

*ご希望の患者さんのみで全ての患者さんに行う訳ではありません。また、この検査をしないからと言って施術に影響はありません。

視診・触診・動診

千葉県 不登校と起立性調節障害の施術イメージ07視診、触診、動診は検査の基本です。上記の様な客観的な検査と合わせて総合的に判断を行う事がとても大切です。基本の検査ではありますが、客観的な検査も同時に行わなければ意味がありません。

 

 

レントゲン検査

レントゲンは施術の参考になり、安全面を考えた上でも重要ですので多くの患者さんが病院からレントゲンを借りてきて持ってくる方が殆どです。もし、レントゲンを希望されるのであれば提携病院に紹介状を書くことも可能です。

*整骨院ではレントゲンの指示、診断を行う事は出来ず、あくまでも施術の参考となります。

*提携病院でのレントゲン検査は当院から指示する事はありません。希望された患者さんには紹介状を書かせて頂いております。

*小学生未満のお子様の場合のレントゲンは要相談となります。

施術法

姿勢、背骨の歪みを整えると聞くと多くの方は背骨をボキボキ、バキバキする事をイメージするのではないでしょうか?当院ではその様な危険で効果の得にくい施術は行ないません。ボキボキ、バキバキする様な施術は背骨を整えるどころか、歪みを更に悪化させる確率が80%以上です。また、身体に負荷が掛かる様な長時間のマッサージなども行いません。

M式テクニック

M式テクニックは治療院業界だけでなく、多くの医師からも施術依頼が殺到する宮沢資長氏が考案した施術法です。高感度医療器機を使用した安全、確実な施術法になります。骨は適切な周波数の振動を加える事で正常な位置に戻ります。しかし、同じ医療器機を使用しても、検査の正確さ、強さ、角度、スピード、深さによって施術効果は大きく異なります。当院はM式テクニック創始者から直接、指導をして頂いており、全国で3人しかいないインストラクターでもありますのでご安心ください。

*電気がビリビリと流れる施術ではありません。弱い振動刺激(共鳴振動)で背骨を整えます。

 

 

お喜びの声 | 千葉 子どもの不登校・体調不良・起立性調節障害

  • 千葉県 市原市 10代 女性 起立性調節障害 頭痛 腹痛 H・O様

    中1の終わり頃から、朝起きるとお腹が痛い、頭が痛い、とにかく寝起きが悪く起こしたことを覚えていない日々が続き、夕方から元気という状態でした。色々とネットや友達などにこんな症状ということを話、調べた結果もしかしたら、起立性調節障害かもしれないと思い、薬にたよらず、治療をと考え、ネットでこちらの医院を知り伺いました。治療方法や体のしくみなど詳しく説明して下さり安心して通院することが出来き、通院回数が増えていくと、表情も明るくなり、体調も良くなり、夜寝れないこともなくなり、こちらで治療して本当に良かったです。ありがとうございました。

    ※個人の感想であり、効果には個人差があります。