検査法と施術法

検査法

効果的な施術を行うには『検査が』最も重要になります。問題となっている背骨や神経の働きを正確に判断できなければ施術効果は得られません。

特に医療器機を使用した検査が最も重要になります。

YP検査

千葉県で自律神経失調症の子供が通う整体院での背骨の歪み検査

背骨の歪みや動きを測定する高感度医療器機YPを使用してゆがみの検査を行います。レントゲンと同様に必須の検査になり、レントゲンとYPでの検査結果を総合して問題点を見つけ出します。

DTG検査

千葉県で自律神経失調症の中学生が通院する整体での自律神経機能検査背骨からは左右平等に自律神経が出ており、皮膚温度を調整しております。DTGでその皮膚温度を計測する事で自律神経の働きを測定します。左右の皮膚温度差が0.3度以上あれば2~3割程度、0.9度以上あれば9割以上の方に何らかの症状や病気があると数々の医学的データーがあります。

モアレ検査

千葉県で自律神経失調症と診断された高校生が通う整体での姿勢の検査側弯症という背骨の歪みを見る検査で昔から学校でよく使われている検査機器です。この検査は全体の歪みを見るには効果的ですがレントゲンやYPの様に局所の歪みまでは特定できません。ただし、患者さんがご自身の歪みを自覚して頂くには最適な検査かと思います。

 

*ご希望の患者さんのみで全ての患者さんに行う訳ではありません。また、この検査をしないからと言って施術に影響はありません。

触診、視診、動診

千葉県で自律神経失調症を根本改善させるために子供が通院している整体での触診上記の様な客観性のある検査を基に触診、視診、動診などの検査も行います。これらの検査は基本でとても大切です。しかし、整骨院、整体院、カイロプラクティック院では触診や視診、動診程度で背骨の歪みを検査しようとする院が多いようですが、YPやレントゲン等客観的な検査があって始めて生かされます。

の動きや筋力の入り方などを調べます。

レントゲン検査

千葉県で自律神経失調症の小学生が通院している整体が参考にするレントゲン

レントゲンは施術の際の参考になるばかりか、安全面を考えた上でも病院から借りて持って来て頂く方が殆どです。もし、レントゲンを持ってこれない方は当院の提携病院をご紹介する事も可能です。

*整骨院ではレントゲンの指示、診断を行う事は出来ず、あくまでも施術の参考となります。

*提携病院でのレントゲン検査は当院から指示する事はありません。希望された患者さんには紹介状を書かせて頂いております。

*小学生未満のお子様の場合のレントゲンは要相談となります。

施術方法

M式トリプルアプローチ

高感度医療機器を使用して背骨と神経、筋肉を正常に戻す施術を行います。背骨の歪みが取れ、働きが正常になれば健康状態を取り戻し、健康になった身体が症状を改善させてくれます。要するに『自然治癒力を高める』施術と思って頂ければ良いかと思います。

なぜ、機械を使用した施術なのか?

背骨は神経があり、とても重要な器官ですので安全に施術する事が大切です。手での施術は再現性にバラつきがあり、安全性が乏しいと言えます。手での施術では歪みを正確に捉えて、整えられる確率は20%以下とされています。

その点、コンピュータを使用すれば正確に歪みのある場所や、神経の働きが悪い所を正確に判断してくれて、最低限の刺激で歪みを整えてくれます。

『安全・正確・効果』

この3点が手での施術とは段違いなので当院では高感度医療器機を使用して施術を行います。